まっくろだ.com 掲示板
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2006/01/23(Mon) 22:01
投稿者まっくろ
Eメール
URL
タイトル久々のカメラネタ

先日、娘の七五三の写真を撮ってもらいに、ある写真館へ行ったのですが、その時にそこのご主人とデジカメ論議に花が咲いてしまいました。
えっ、なんでこんな時期に七五三??って、そうです時期をズラして暇な時に撮ってもらう方が何かといいんですよ(笑)

その写真館では、スタジオ撮影をデジタル一眼レフで撮っておられるのですが、カメラはフジのS2でした。
なんでニコンじゃないの?って聞いたら、ニコンは階調が狭くてお話にならないそうで、フジのS3も色が気に入らなくて未だにS2なんだそうです。
ブライダル撮影ではデジタルは恐くて使えないので、ニコンの銀塩機を使ってるとのこと、それでもスタジオでニコンを使わないってのは、よっぽど気に入らなかったんでしょうね。
階調だけ言ったら、フジよりもキヤノンの方もっとがいいでしょうが、レンズ資産の面でフジにするしか手は無かったんでしょう。

確かに、仕上りをモニターで確認してきましたが、ハイライトの階調がしっかりと出ててさすがプロだな・・と感心させられました。
人物の露出を適正にコントロールしながら、光が当った白い壁の階調もきちんと表現する・・・、というのは、ネガならばどうってことないですが、デジタルではかなり難しいことです。

コンパクトデジカメあたりで撮ったら、100%白い壁は白飛びしてつぶれてしまいますし、携帯のカメラなんかだと、白飛びどころか周り中ボヤッと滲んでしまって、見られたもんじゃないです。
結局、センサーサイズとダイナミックレンジが物をいうんですよね。

最近、携帯のカメラも200万画素とかそれ以上になって、デジカメ要らない!って言う話もチラホラと聞きますが、まっそう言う人はそれで満足しておいてくださいって(笑)
多分、そういう人がデジタル一眼買っても、画素数のみに反応して、おかしなメーカーの買うんでしょうし。(爆)

あと、その写真館ではスタジオという環境がら露出や色温度のコントロールはしっかりできていて、RAWで撮ったりレタッチをしたりすることはまずないそうで、私は基本はRAWですよ!、って話したらその方面に興味を示しておられました。

RAWから現像で、パラメータをスタジオ用に自分でカスタマイズすれば、あの程度のコントラストならいくらニコンでも何とかなるんじゃないの?・・と思いましたが、タダでそこまでのアドバイスをしてあげる事もないので、黙っておきました。(笑)
RAW現像ソフトを変えるだけで、仕上がりが全然違ってくるのと同じように、JPEGってのはカメラ内で処理された一つの結果でしかないのですが、それがすべてだと思っているカメラマンって意外と多いですね。

ところで、キヤノン系のBBSでは、20Dの後継機種がそろそろ発表され、その名前は35Dらしいという話題で盛り上がり始めています。
発表があるまで、真相はわかりませんが、APS-Cサイズという線が濃厚のようですので、今回は私にとっては、あまり興味の沸かない機種になりそうです。 ハッキリ言って、APS-Cなんてフォーマットの機種は、20Dでもう十分ですね。

私はそれよりも、1D系の後継機の姿が見えてくる事を期待しているのですが、1D2Nも1Ds2も、事実上ライバルと呼べるような機種がない状態ですから、まだまだ後継機種は出ないんでしょうね。

- Web Forum -